エム・シー通商株式会社

カーボンオフセット付リサイクルトナーについてのご案内

###

「排出権」とは? CO2を出さなかった権利

地球温暖化の大きな原因とされるCO2の排出量を抑えるために、さまざまな取り組みがされています。
その一つとして、技術設備を用いてもともと排出される見込みであったCO2の量を減らすと、減らした分のCO2を【権利】として売ることができます。
このように「排出権」は【CO2を出さなかった権利】ということになります。

カーボンオフセットとは?

排出権【CO2を出さなかった権利】を購入するのは誰でしょう。
国や地方自治体をはじめ多くの企業が、CO2排出削減のために具体的な『目標数値』を立てて懸命な努力を行っています。
しかし、どうしても削減できないCO2の排出量に対して、排出権を購入することにより埋め合わせすること(相殺)ができ、これを【カーボンオフセット】といいます。
このように「排出権」は【CO2を出さなかった権利】ということになります。
排出権を購入することにより、【CO2を出さなかった権利】は、【CO2を出してもよい権利】へと形を変えて有意義に使われています。

※カーボンとは、カーボンダイオキサイド(二酸化炭素:CO2)の略称。

###

国内クレジットとは?

中小企業などが大企業などから資金や技術などの提供を受け、協働(共同)でCO2排出削減に取り組み、その削減分をクレジット化して売却する排出量取引のしくみです。

###

※経済産業省の国内クレジット制度に基づいて行われた排出削減事業のCO2削減量を「国内クレジット認証委員会」が認証した排出権です。

※このオフセットに用いられる排出権は日本国内の中小企業がCO2排出量を減少したものであり京都議定書の6%削減目標に貢献します。
ページトップへ戻る